主婦が家族に内緒でキャッシングをするためには?

MENU

専業主婦も内緒でキャッシングできる

急な出費などで、家計がピンチになってしまった!?そんな時に便利なのが、銀行や消費者金融が扱っているキャッシングです。パートやアルバイトで安定した収入を得ている主婦だけでなく、専業主婦でも借りる事が可能となっています。

 

とはいえ、専業主婦の場合では銀行のカードローン。法律で総量規制という、年収の3分の1までしか借りいれをすることができない決まりがあり、これは消費者金融には適用されるけど銀行には適用されません。専業主婦は本人に収入がないので、借り入れをすることは難しいのです。銀行は、総量規制の対象外となっているので、専業主婦への借り入れが制限されていません。そのため、銀行のカードローンでは、専業主婦が自分名義で契約することが可能となっているのです。この総量規制が設定されるまでは、収入ゼロでも消費者金融で借りることはできたのですが、借りすぎや貸し過ぎといった事で破産まで追い詰められてしまう人も出てきてしまい、大きな社会問題にまで発展したことからも、消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠では収入がある人を対象とするようになってしまったのです。

 

銀行のキャッシングでは、誰にも負担をかけることなく申し込めるだけでなく、その金利はとても安いものとなっています。ですから、毎月の返済もそこまで苦しい金額になることもありません。ご主人の収入証明書や同意書が不要で、簡単に申し込めて家族にバレる心配はなし。審査や融資もスピーディーで、申し込んだその日に借りる事も可能。なによりも、銀行なら安心して借りることができます。


専業主婦は、配偶者の収入で決まる

キャッシングを利用する際には、借りる際の条件を挙げて、優先順位をつけるようにします。特に専業主婦が利用する場合では、事前にカードローンの特徴を調べておくことが大事。即日融資ができる、金利が低い、口座を作る必要がない…など、借入をする際の条件を調べ、自分の状況と比較して借りられるかどうか、また借りる事で家計に大きな負担にならないかどうか、内緒で借りられるかどうかも確認します。専業主婦がキャッシングを利用する際には、安心して借りられるかどうかがポイント。金利が高かったり、ご主人にバレてしまう可能性が高いようなカードローンでは、後で大変な事態を招いてしまうこともあるのです。

 

また、カードローンの申し込み条件には、「安定した収入がある」が必要となります。パートやアルバイトをしている主婦の方であれば、年間を通して大きな変動がないようであれば大丈夫。専業主婦の場合では、ご主人に安定した収入があれば申込が可能となっています。ご主人の収入があるということは、生活費から返済することができるとして、専業主婦によるカードローンでの借り入れもできるものとなっているのです。


消費者金融で借りる場合は配偶者貸付

消費者金融では基本的に、収入がない専業主婦は借りられないものとなっていますが、総量規制では夫の同意書と夫婦であることを証明する書類があれば、キャッシングの申し込みが可能となります。これを「配偶者貸付」と呼んでます。配偶者貸付制度では、夫婦の収入…この場合では、奥さんがゼロとなるので、ご主人の収入の3分の1までの借入ができます。が、ご主人に借金があれば、その借金を引いた額での金額しか借りることができなくなります。

 

ただ、この配偶者貸付では収入証明書や同意書が必要となり、さらに申込者本人だけでなくご主人に対しても審査をおこなわなければならないとあって、なかなか手間がかかるものとなっています。手間がかかる割には利益が少ないので、大手消費者金融などではあまりおこなっていません。ちなみに、審査が通ってお金を借りた場合、奥さんの方だけでなくご主人の信用情報にも記載されることとなります。こうした流れからも、配偶者貸付制度において内緒で借り入れをすることは不可能。家族のだれにも知られずに借りたい場合は、銀行のカードローンを利用するしかないのです。


収入のある主婦はよりどりみどり、専業主婦は銀行で」

パートやアルバイトで一定の収入がある主婦の場合では、家族に知られないでキャッシングを利用することも難しくありませんが、専業主婦ともなるとそうはいきません。消費者金融で借りるとなると配偶者貸付制度を利用するしかないので、これは絶対にバレます。バレない方法としては、銀行のカードローンを利用するしかありません。同意書や夫に関係するような書類の提出の必要はなく、本人の申し込みだけ借りることが可能なのです。もちろん、融資を受けたことで、夫の信用情報に影響することもありません。

 

ただ、限度額の制限はありますし、自分の収入があるわけではないので借り過ぎには注意が必要。家計を圧迫しない程度の、低金利のカードローンを選ぶようにしないといけません。最近では、知名度も高いメガバンクでも取り扱われていることもあり、収入のある主婦だけでなく、専業主婦による利用も増えています。レディースローンといった女性向けのカードローンも定番化してきていることからも、今後もますます定着していくものと思われます。


更新履歴